Return to site

『知ることで、想い、思いに気づき、思いやりにつながり、優しさを持ち合える』

私はどちらかと言うと、一人でいることが好きでした。

何か?生きづらさも感じて生きてきたように思います。

ただ絶対に一人では生きていけないことも知っていました。

振り返るといっぱい迷惑をかけてきましたし、いろんな方の支援や応援をいただいて生かされてきました。

だからこそ、何かできることはないだろうか?と考えるようになりました。それは今も考えています。

ひょんなことから、視覚障がい者の方の同行援護や知的障がい者の方の移動援護や、知的障がい者の方の移動支援に関わらせていただくことになり、気づくことが多くありました。

みんな不便を感じながらも生きている。何らか支えながら生きている。

支援するとか、支援されるとかではなく、支え合いながら生きているんだなと実感できました。

『ミーツ・ザ・福祉』の実行委員会の端くれとして参加できて、さらにその思いが強くなりました。

健常者の方も、障がいを持っていると言われている方も、福祉に関わっている方も、そうでない方も共通目標に向かって準備する中で、お互いの優しさを持ち寄れた気がします。

心のバリアフリー化が進んだように思います。

一方的な発信ではなく、いろんな立場を超えて、協力できて当日を迎えることができそうです。

知ることは、気づきを起し、それが思いやりにつながると信じています。

11月11日、出会えることを願っています。

(文・山﨑憲一)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly